歯のホワイトニングの課題

歯のホワイトニングの課題は、すべての人の歯が独自に異なることです。これは、ヨーロッパ以外の人々に特に当てはまります。同じことが肌の色でも起こります。メラニンが多いほど、免疫におけるメラニンとメラニンの役割が大きくなります。

私たちは旧石器時代の種です。私たちは現代の進化種ではなく、非常に古い種です。つまり、私たちは現代の人間とは非常に異なっています。

私はそれをしばらく研究してきました。私の論文の一環として、母集団の違いを制御しても、ネイティブアメリカンの母集団間で白い斑点の程度は非常に似ており、違いはないことがわかりました(何らかの理由で)。 

研究のポイントは、特にヨーロッパ以外の人々では、人々が肌の色にいくつかの変化をもたらすのが正常であるという事実を確立することです。

これはヨーロッパの人口には当てはまりません(「ダークアーリア」タイプと自然に月経があったヨーロッパ人を除く)。

私は、白い斑点の程度が遺伝的要因の直接の結果であることを提案します。

私は人々がもっと東アジア人のように見えるべきだと提案します。この理由は、東アジアの変動は、それらが旧石器時代の種であるだけでなく、非常に古い種であるという事実の直接の結果であるためです。そして、彼らは先史時代の人々のように見えます。遺伝的要素を変えても、白い斑点の程度は変わりません。実際、それは肌の色や髪の色の程度と同じです。白い斑点は簡単に元に戻すことができますが、ヨーロッパ以外の人口の一部には当てはまりません。なぜなら、遺伝的要素を変えても、白い斑点の程度を変えることはできないからです。そして、これは研究されたすべての集団で発見されました。集団における白い斑点の程度は、主に遺伝的要素によって決定されます。したがって、これらの集団は同じ程度の白い斑点を持っています